住宅ローン控除

日本での持ち家割合は全国で平均61.9%だそうです(総務省データより)

そのうち大半の方が住宅ローンを組んでいるのではないでしょうか?

今回は平成25年の税制改正のうち住宅ローン控除について確認していきます。

所得税において、今回の改正では2つのポイントがあります。

1つ目は、期限が延長されました。

当初、平成25年12月31日までが期限でしたが、今回の改正により、4年延長され、

平成29年12月31日までが期限となりました。

2つ目は、各年の控除限度額最大控除額が大きくなりました。

(下記表を参考にしてください)

これは、平成26年4月1日以降消費税率が5%から8%になることに伴い、

購入額が上がるのでその分、ローン控除額を増やして、対応しようということのようです。

住宅ローン控除所得税

また、所得税の改正に伴い、住民税も改正されております。

(所得税の計算上、借入金残高から計算した控除可能限度額と所得金額から計算した

所得税額の差額を限度として、下記の金額が住民税から控除できる制度です)

住宅ローン控除表住民税

関連記事

関連記事ははありません