相続開始前3年以内の贈与が相続税に加算??

暦年課税による贈与をしても、相続開始前3年以内(死亡の日からさかのぼって3年前の日から死亡の日まで

の間)の贈与については、相続財産に加算して計算することになります。

いわゆる「相続開始前3年以内贈与の持ち戻し」と言われるものです。

暦年課税により贈与したので、もう相続の時には関係が無いと考えるのはちょっと早いということですね。

 

【除外される贈与】

この制度の除外となる贈与として下記のものがあります。

1)贈与税の配偶者控除の適用を受けた財産のうち、配偶者控除に相当する金額

2)直系尊属から贈与を受けた住宅取得等資金のうち、非課税の適用を受けた金額

3)直系尊属から一括贈与を受けた教育資金のうち、非課税の適用を受けた金額

これらの贈与をした場合には、相続開始前3年以内でも相続財産とならないため、相続対策となりますね。

 

【対象とならない受贈者】

この制度は、相続により財産を取得した相続人が、贈与を受けた財産に限られます。

そのため、相続人でない人に贈与した分については対象となりません。

おじいさんからお孫さん、おばあさんからお孫さんへの贈与は対象とならないため、

相続対策の1つと考えることができます(ただし、相続人となる場合には持ち戻しをする必要があります)

 

※相続対策をする場合には、相続人間での遺産分割がスムーズに行われるように、相続税が発生する場合

 には、 納税資金を確保できるように等全体を考慮して行うことをおすすめいたします。

 やみくもに相続財産を親族に分散した結果、遺留分の問題や相続人間での争いになることもありますのでご留意ください。

※なお、考え方をご理解いただきたいという思いから、細かい規定(文言)については簡略させていただきました。

 また、平成26年9月時点での税法に基づいて記載しております。実際適用される場合には、弊所、税理士、税務署等にご相談ください。

 

関連記事