増築、改築により発生する贈与問題!

知らないところで贈与!になってしまうお話しをいたします。

親の所有している家に、同居している子供、または、同居をする子供が、修繕をすることがあります。

その場合、民法上子供名義で増築の登記をすることができません。

その結果、親が所有する家の価値を子供が上げることになり、子から親への贈与と考えられます。

 

そして、親が所有する家に対して、子供が組んだ住宅ローンは、住宅ローン控除を受けることはできません。

住宅ローン控除は、

「自己が所有している家に対し、一定の住宅ローンを組み、そして、自己が居住していること」

が要件となっているからです。

(住宅ローン自体組むことができない可能性がございます)

 

そのためによく行う方法が、ある程度の年月が経過した家ですと、評価額が低いため、

親から子供へ家を贈与し、その後、子供が住宅ローンを組み、修繕をすると、

贈与税という問題が解決し、子供が住宅ローン控除の適用を受けることができます。

(その他のローンの要件は満たす必要はあります)

 

また、仮に、一部を子供の持ち物にし、家全体に子供が修繕した場合も、

親の所有している部分に対して贈与したことになるため、その点もご留意くださいね。

 

※なお、考え方をご理解いただきたいという思いから、細かい規定(文言)については簡略させていただきました。

関連記事